javascript

ここでは、javascript に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の 続きを読むを折りたたみたい!
の記事でjavascriptのソースを<head>内にいれてやったのですが
今回は外部化してみます。
参照javaScriptの外部ファイル化
を参考に
_______________________________
<script language="javascript">
<!--
function showMore(varA1, varB1){
var123 = ('varXYZ' + (varA1));
varABC = ('varP' + (varA1));
if( document.getElementById ) {
if( document.getElementById(var123).style.display ) {
if( varB1 != 0 ) {
document.getElementById(var123).style.display = "block";
document.getElementById(varABC).style.display = "none";
} else { document.getElementById(var123).style.display = "none";
document.getElementById(varABC).style.display = "block"; }
} else { location.href = varB1;
return true; }
} else { location.href = varB1;
return true; }
}
//-->
</script>
_______________________________
のソースをテキストにコピーして
拡張子.jsで保存します。

そして
そのファイルをアップロードします
http://blog-imgs-29.fc2.com/w/e/b/webstreet/tatami.js
ヘッダー内の長いjavascriptのソースを削除して
ヘッダー内に

<script type="text/javascript" src="jsファイルのURL"></script>

に張り替えます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。